Mindfulness

瞑想✖️脳活

脳の変化を診断で「見える化」

人生にゆるやかな変革を。

たった21日間の瞑想で自己肯定感がアップ!
その変化が診断により数値で確認できる

脳をアップデートすること。
それは、人生をもっとおもしろくすること。

この「Mindfulness瞑想✖️脳」講座は、脳の仕組みを理解して、もっと使い切れるようになり、人生の可能性を広げたいあなたのため瞑想ワークショップ

瞑想と聞くと、もしかしたら精神修養や宗教などのイメージがあるかもしれません。
しかし、その効能は脳科学の分野でしっかりと認められ、瞑想を続けることで集中力、注意力が向上することがわかっています。

他にも、ストレスケア、感情のコントロール、自己認識力に好影響を及ぼすことが確認されています。​


近年「マインドフルネス瞑想」に注目が集まり、情報が溢れています。

しかし、あらゆることに当てはまることですが、大切なのは知識ではなくて、継続して実践ができることですよね。そうした先に脳がアップデートされていきます。

実践しても続かない本質的な理由は、後ほどお伝えしていきますが...

1つだけ言えることは「あなたには、あなたの脳に合ったやり方がある」ということです。
ですから、まず最初に自分の脳を知ることで、格段に実践しやすさがアップします。

この講座では「脳優位タイプ診断」を取り入れ、「心」という曖昧で見えないものを脳の使い方や活性化で数値化できます。その結果あなたの脳の変化を診断結果から実感でき、それぞれの脳タイプにあった実践方法で継続しやすいという特徴があります。

そもそも脳って変化するの?

かつては、ある一定の年齢で脳の成長は止まると考えられていました。
今は、脳の機能も形も変えられると研究で明らかになっています。

日々、何に意識を向け、どんな行動をし、どんなことを考えるのかによって脳は変化していきます。

​瞑想を継続的に実践することで、脳がよりパフォーマンスよく使えるようにアップデートされます。

21日間の瞑想の実践で「自己肯定感」がアップ

なぜ、このような変化が可能なのか?

瞑想とは、今この瞬間を感じて、その時に受け取った感覚をただ肯定し、あるがままを観ます。
 

そうした境地に脳がなるためには、単純に集中しようという努力ではなくて、良いとか悪いとかジャッジすることなく「ありのままを観る」といった心の状態が不可欠となります。

そのプロセスを通して、ありのままの自分を肯定する力である「自己肯定感」が育まれていくのです。

自己肯定感とは「自分は大切な、価値ある存在だ」と感じているということです。

自己肯定感が低い人は、自分にとって都合の悪いことは興味のないふりをして、何かをする時に本気を出せず、自分が本当にやりたいことも諦めてしまい、主体性を手放してしまいがち。​

自己肯定感が高い人は、何事にも積極的にチャレンジでき、自分を成長させることが出来る。

脳の使い方が変われば、世界はもっと広がる。

あなたは変化したいと思いながら、なかなか続かずに諦めてしまった経験はありませんか?

新しいことをはじめる時のモチベーションは高いのに、結果的に続かないということは誰にでも経験があることなのではないでしょうか。
だけど、それはあなたの意志が弱いとか、あなたに問題があるのではなくて、脳の仕組みがそもそも大きな変化を嫌い、反発しているからなのです。


なぜなら、脳は自分の生命維持をはかるために、「今のままの状態を維持すること」を最優先しているからです。


だけど、実は少しずつなら変化できる性質を持っているのです。

ほんの少しずつ、毎日の意識や行動を変えることで、人生にゆるやかな変革が可能となります。
筋トレと同じで、最初は大変に感じても少しずつ慣れれば、やがてはその筋肉がつくように、楽にできるようになっていきます。

最初のうちは意識して行なっていたことも習慣になる頃には、意識しなくてもできるようになるから、まずは習慣化のための21日間をコミットして、行動することで脳の変化を期待しています。

​脳の使い方が変われば、たとえストレスを感じても諦めてしまうことなく、未来に好奇心を持って、自分を信頼して進めるようにあなたの世界はもっと広がっていきます。

この講座で期待できる効果とは?

01

集中力が高まり脳のパフォーマンスが向上する

02

ストレスが軽減し、感情のコントロールがしやすくなる

03

自己肯定感が高まり
自信を持って行動できるようになる

「瞑想✖️脳」で、未知の道に光を照らす

Mindfulness瞑想✖️脳 
【21日間プログラムの流れ】

before

「現在地」を知る
​BEFOREの診断であなたが得意な脳の使い方がわかる

講義

動画で学習する
瞑想の科学的根拠や瞑想を実践するために必要な学習

STEP 3
実践

瞑想を実践する
いろいろな種類の瞑想を実践し、日々の中で取り入れる

after

変化を確認する
この期間中の実践が脳にどんな変化があったかを確認

継続

21日間

実践グループで報告する
希望者のみ、自己肯定感アップのためのグループ報告

あなたの脳タイプに合わせた
​ストレスフリーの受講プラン

マインドフルネス瞑想をキッカケに、脳変革

この講座は脳活学マスターが、あなたの脳タイプに合わせた戦略をお伝えします。

まず「脳優位タイプ診断」から、得意な脳の使い方を発見するところからスタートし、あなたの脳タイプに合わせた効果が出やすい受講プランをお勧めします。

21日間でマインドフルネス瞑想を実践し、無意識的なパターン(癖)に気づき、もっと幸せに脳力を発揮できるための新しいパターンをインストールしていきます。


<オススメの講座受講の流れ>

  • 右脳タイプ:瞑想実践 → 脳と瞑想の講義 → コミュニティー参加がオススメ

  • 左脳タイプ:脳と瞑想の講義 → 瞑想実践 → 一人で実践するのがオススメ

Mindfulness瞑想✖️脳
【プログラム構成】

脳と瞑想の講義(120分)

講義

​講義は動画で配信するため、繰り返し何度も観ることが出来ます。

・脳タイプについて
・あなたに合ったプログラムの流れ

・なぜ瞑想が脳や心に良いのか?

​・瞑想の脳科学(研究データ)
・ストレスの仕組みとストレスケア
・瞑想とジャーナリングの実践方法

マインドフルネス瞑想の実践会(75分)

実践

マインドフルネス瞑想の実践では、日常に取り入れやすく効果を実感いただきやすいシンプルな瞑想法を体験していただきます。
0:瞑想に適した姿勢を作る(軽いヨガ)

1:呼吸を観察する瞑想

2:歩く瞑想(動く瞑想)

3:愛と慈しみの瞑想

コミュニティーで実践を報告(オプション)

(希望者のみ)

継続

瞑想の実践とともに自己肯定感アップのための21日間報告。

「一人だと続けづらいけど、周りの人もやっているから・・・今日もやろう!」と、コミュニティーの力を借りると、一緒に成長しやすくなります。

さあ、脳をアップデートし、未来をつくろう。

講師プロフィール
野村光恵

ヨガティーチャー、瞑想講師、日本脳活学マスター

2007年よりヨガ・瞑想講師として活動をスタート。企業ワークショップとしてNLPとヨガを組み合わせたセルフケアプログラムの開発、大学の学生向け「こころとからだをつなぐヨガ」のイベントを9年連続担当。
ベストセレクトヨガ主催ヨガ養成コースで瞑想&脳科学の講師を担当。日本脳活学協会にて個性分析や脳科学に基づいた脳の使い方を知って、脳の使い方をレベルアップするための方法や、ストレス耐性を高めるための具体的な方法(瞑想など)の企画から携わり、脳活学マスターとして活動している。
 

  • 全米アライアンス認定 日本ヨーガ瞑想協会(綿本 彰指導) ヨーガ指導者トレーニング修了(RAJA、POWER YOGA)

  • 米国クリパルセンター公認ヨガ教師

  • NLPインテグラルアソシエーション認定 NLPトレーナー

  • 国際ジェネラティブチェンジ協会認定 ジェネラティブ・コーチ

  • 一般財団法人日本生涯学習協議会(JLL)認定エンパシーライティング・コーチ

  • 一般社団法人話し方上達協会認定 Staege Delightプレゼンテーションアプローチ・トレーナー

講座概要

受講方法は「オンライン」と「ライブ」となります。講義の動画を(事前に)ご覧いただき、実践会はライブ受講でご参加いただきます。​動画セミナーの配信は実践会の受講日の5日前となります。

マインドフルネス瞑想の実践会


参加されている方に合わせてお伝えします。
​基本的な瞑想実践は同じことをしていきますが、体験を深めていただけるために色々な角度から経験していただけるようになります。

​8月25日(日)16:00〜17:15(練馬区)
​9月22日(日)16:00〜17:15(練馬区)

動画セミナー、実践講座(1回)、フォローアップ21日間

【期間限定】脳優位タイプ診断が無料
(9月末までのお申込に限ります)

【受講費】15,000円(税別)

お支払い方法:銀行振込/クレジットカード

21日間コース受講費

日程が合わない方は、ご希望の日時で個別セッションも可能です。お問い合わせください。

​世の中も地球も変化変動が激しく、予測のつきにくい時代 。

こうした時代の波を乗りこなすには、 今この瞬間にあるがままに気づく「在り方」が必要です。

マインドフルネス瞑想で、自分の本質とつながり「反応」から「自由な選択」へ。

©️Mitsue Nomura 2019